玉津島の深き入江にて

Twitter始めました →@luna_artemis_12

”明日海りお”に依存する我々は何処へ(上)

明日海りおは永遠に"そこにある"のだと思っていた。

なぜか。彼女が自分自身でなく、敢えて我々に明日海りおの造形を任せたからではないか。

だからこそ今回のレビューの歌詞は私にとって衝撃的であった。ついに彼女自身が"明日海りお"の定義付けを行ったと見せかけているが、その真偽はわからないからだ。少々哲学的になってきたが、単純明快な例があるので暫しお付き合いいただきたい。

f:id:Luna_Artemis:20191126142055j:plain
どこまでも偶像的なタカラジェンヌである。最後まで人間味があるようで、ない。

「そろそろ夢から覚める時間 そうなのかも」
主語は一見、”明日海りお”であるかのように見える。しかし、この歌詞における主語は”我々”にも代替可能なのである。しかも、明日海りおの夢から覚めるのは”さゆみさん”ということも考えられる。

夢から覚めるのが誰かは結局のところわからないが、私は明日海りおを抜きにした彼女自身と我々が”明日海りお”という夢から覚める、という仮説を打ち出したい。この仮説を考えたとき、なんておぞましい歌詞を書くのだ先生は、と思った。なぜならこの歌詞は”明日海りお”という概念はあまりにも我々の間で肥大化しすぎた、ということを証明するからである。

f:id:Luna_Artemis:20191226144213j:plain
明日海りおという概念は、あまりにも育ちすぎて。明日海りおは半ば神格化された、と言っても過言ではない。

”明日海りお”は我々の執着と、さゆみさんの異常なまでの執着の無さからここまで大きくなった、と私は考えている。もちろん彼女の男役、花男タカラジェンヌへのこだわりは尋常ではないのだ。しかし、さゆみさんが明日海りおであること、へのこだわりは我々が生み出してしまったのではないか。そして、さゆみさんがそれを静観していたことが拍車をその勢いに拍車をかけた。

結果、”明日海りお”はさゆみさんも我々も手の届かぬところまで大きくなった。これは我々とさゆみさんの功罪である。

この現状に終止符を打てる方法は、我々とさゆみさんの双方が同じ働き掛けをすることしか残されていなかった。
だから上記の歌詞が生まれた、と私は推測する。

そして、明日海りおはあまりにも我々にとって大きすぎたゆえ、計り知れぬ喪失感が我々を襲っているのである。
この絶望に等しい喪失感は、自分たちのせいなのだ。明日海りおを神格化しすぎた我々へのしっぺ返しなのだ。

しかし、最後まで慈悲を感じさせる歌詞でこの歌は締めくくられるのである。 (下へ続く)

f:id:Luna_Artemis:20191226150443j:plain
明日海りおは上下で語れるほどの存在ではないと思いますが、一応次で終わらせます。

柚香光という花男の異端児へ

柚香光はもちろん花男の鏡である。ファンと娘役をとことん愛で、その姿は時にこちらが恥ずかしく成る程の花男である(賛辞である)。

が、従来の花男とは一線を賀した所に彼女は今、踏み込もうとしているのではないかと私は思う。
かつての真矢ミキのように。

f:id:Luna_Artemis:20191011114845j:plain
花男、というキーワードを据えて話を進めていく。彼女はどうやら花男に対して、新たな回答を示してきたようなのだ。

彼女の最近の主演作が如何に彼女が正統派でありながら、異端児になる可能性を秘めているかを物語る。

はいからさんが通る』では眉目秀麗な陸軍少尉の伊集院忍を、『花より男子』では道明寺家の御曹司で俺様キャラの道明寺司を演じた。
美形で圧倒的センターのオーラを放つ役所である、という点では花男要素を兼ね備えているが、以前の花男が演じてきた役と違うのはやはり、はっきりとした原作の存在であろう。
そして原作を生き写すという点、これに尽きる。

正直、彼女による原作ありきの舞台化は、従来の舞台作品とは形成の仕方が違うように思える。

f:id:Luna_Artemis:20191023095600j:plainf:id:Luna_Artemis:20191121000712j:plain
覗き込むの間合いの取り方と瞳の動かし方に着目していただきたい。

彼女の演技は、男役としての過剰な演出の中にリアルな男性像すら存在させる。それは、私たちの周りにもいるのではないか、と錯覚させるほどである。
その理由は一重に、彼女の緩急の付け方が神がかっているからである。
ハーフで王子のような伊集院ならば、大振りな動きをベースとしてその中に細かくて性急な動きを取り入れる。俺様で不器用、実写のイメージも強い道明寺ならば、細かくて性急な動きを頼りとし、大切なところで大振りに。というような具合である。
彼女の緩急の付け方は非現実的で現実的な、男役と男を行ったり来たりすることを可能とするのである。これは彼女が身につけた努力の結晶だ。汗と涙がこれほどまで美しく昇華された例がほかにあるだろうか。

f:id:Luna_Artemis:20191121002813j:plain
努力の軌跡が見えるのに、威張る事をしない。言語化せずとも舞台でそれを見せてくれる。彼女はタカラジェンヌの鏡でもある。

男役として美しくあるには、実際の男性にはないような非現実的美しさを盛り込むことは必須事項だ。その固定観念を打ち砕くのが柚香光である、と私は考えている。その破壊は、良い意味で「クサい」花男を追求する者にとって痛みを伴う。それでも追求してほしい。破壊願望を彼女にゆだねてみたい。

花男序破急を一世代でやってしまうかもしれない彼女は、異端児でありながら革命児でもあるのだ。

永久輝せあとは原石でなく、宝石である

彼女を初めて舞台で見たとき、宝石みたいな子だな、と思った。

初見の感想があまりにも気取りすぎている気もするが、本当に、ただ素直にそう思ったのだ。

華がある。目を引く。ただそれだけだ。

が、舞台において、とりわけ宝塚という舞台において、華があることがどれだけ大切なことか。トップスターシステムを採用する宝塚において、トップスターは最も観客の視線を集める者でなければいけない。

彼女は宝塚の男役に向いているのだ。おそらく、彼女の持ちうる全てにおいて。

f:id:Luna_Artemis:20190922173813j:plain

華がある、これだけは才能だ。しかし、彼女はその才能を若い頃から遺憾なく発揮してきた。才能を生かすも、また才能。

 

そして私は彼女を宝石のようだと前述したが、それと同時に彼女は原石ではない、とも感じた。

原石は磨けば光るが、まだ磨かれてはいない状態だ。

彼女は他が磨かずとも自身でその身を磨き、自分が宝石であることを誇るような自信をギラつかせて舞台にいる。

タカラジェンヌが欲しがるものを彼女は全て理解し得た状態で入団したのではないか、と思わせるくらい、不思議と彼女は舞台でどう動けば良いのかわかっているようなのだ。華、技量、どちらもある。そのようなタカラジェンヌは彼女以外にもいる。だが、彼女が宝石である所以はその才を生かす術を知っている、ということだ。

f:id:Luna_Artemis:20190922174749j:plain

己を知り、理解することは難しい事だ。大人になってもできない者が大勢いる。そのようなことを難無くやってのけることが彼女の最も素晴らしい才能なのかもしれない。

雪組新人公演「幕末太陽傳」では早霧せいなの役、佐平次を演じたが、早霧せいなと全く違う演じ方であったように思う。新人公演を本役の物真似で終わらせることなく、永久輝なりの佐平次を見せてきたことも素晴らしいのだが、何よりその佐平次がもう一人の佐平次としてそこに生きていたことが素晴らしいのだ。

彼女なりの佐平次が舞台に存在し、これが佐平次だと、その時、その瞬間だけは客に思いこませたのだ。はったりかもしれない。得意の彼女の舞台上における自信に我々は騙されているのかもしれない。

それでも「我々は彼女の魅力に騙されている」と思わないのは彼女の技量の高さにある。

揺るがぬ高い技量と人を惑わすほどの華。いとも容易く両立させてみせるのが、永久輝せあなのだ。

f:id:Luna_Artemis:20190922180659j:plain

彼女がセンターにいる短い時間だけ、我こそが佐平次なのだ、と観客を騙す。どう考えてもこの若さでできる技術ではないのだが…。

花組に転向する彼女は、違う舞台でどのような姿を見せてくれるのだろうか。

 

ゾクゾクするような期待感がこみ上げてくる。そんな私の期待など軽く裏切って新しい世界を見せてくれるのが彼女だ。

いくら期待してもし足りない。永久輝せあは、つくづく男役に、タカラジェンヌに向いている。

 

朝夏まなとと真風涼帆の愛し方

朝夏まなとと真風涼帆の「まぁまか」コンビが人気を博したのは記憶に新しい。このコンビへの信頼があったからこそ、劇団は「朝夏まなとトップ娘不在退団」を推し進めていくことができたのだと私は思う。

 

では、如何にして「まぁまか」は成りえたのか。

二人は精神的には似通っているが、外見的にはかなり違っている。

これが、宝塚のトップ二番手コンビの一つの有効なあり方であり、これこそがまぁまかの肝である。

f:id:Luna_Artemis:20190821195605j:plain

Shakespeare』においてはビジュアルの相反が目立ったが、それ以上に二人の「違っているのに似ている」という不思議な親和性が見て取れた。

www.daily.co.jp

「違っているのに似ている」とは説明を補うと、「(容姿が)違っているのに(心が)似ている」となる。

まず、互いに異なった華やかさを持つので舞台で輝きが被ることはない。トップと二番手として双方の魅力が確実に機能するのはまぁまかのようなタイプである(もちろんこの手のコンビが正義というわけではなく、コンビに正解などない)。

 

f:id:Luna_Artemis:20190821200352j:plain

丸顔で大きい目を持つ朝夏まなと、面長で切れ長な目を持つ真風涼帆。

ここまで二人の美のあり方の素晴らしさについて記述してきたが、私が本記事で一番伝えたいことは、まぁまかは二人の心と愛によって成立し得たということである。

f:id:Luna_Artemis:20190828123718j:plain

二人の美しさの調和についてはまた別の機会に詳しく解説する予定。


二人が心を通わせられたのは、二人の愛が同じ質感だったからだろう。

両者共に愛を分け与えるタイプであり、どちらかと言えば自己犠牲的精神が働くような性格だと私は考えている。

そういう意味で、愛の質感が似ているのだ。二人の愛し方には親和性がある。だから、極度に互いが依存しあう関係でなく、傍から見れば非常に涼やかな関係に見える。それは、互いが互いを思いやっているからだろう。

 

もちろん、朝夏と真風の宝塚人生に共通点が多かったことなど、シンパシーを感じる部分は多々ある。

でも、二人は対人における愛し方が似ているから。この部分がやはり一番大切なのではないか。

f:id:Luna_Artemis:20190829161712j:plain

孤独であることを認め合うのではなく、孤独なんてやめてしまえ、というスタンスが実に二人らしい。

自己犠牲を省みない人が唯一頼ることができたのが、奇しくも同じような自己犠牲を省みない人だったのは、皮肉にも必然だったのだろう。

 

お互いに都合の良い相手か、いや、そんな生半可な関係じゃないだろう。

f:id:Luna_Artemis:20190829161030j:plain

心中できるくらいには心が通じあっているのに、絶対心中なんかしない、と言わんばかりの気概を感じる。

人を愛する際に自分を蔑ろにしがちな二人が、ただ一度、自分を大事にすることができたのかもしれない。

自分を愛することで他人を真に愛することができるのだから、二人がこの世界で巡り合えて本当に良かったと常々思う。

桜木みなとの中に蠢く(うごめく)もの

私は以前、芹香斗亜の色気を「彼女自身の最適解にほぼ値する陰のある、進化の過程を見せぬもの」と考察した。逆に、桜木みなとは良い意味で、男役としての進化の形相を見せてくれる。いや、自身の進化を「見せつけてくる」と言ったほうが良いのかもしれない。

近年、彼女は「私を見てくれ」と言わんばかりに舞台で主張してくるようになったと私は思う。

f:id:Luna_Artemis:20190815161101p:plain

「ずんちゃん」でも「ずん様」でもなく、それらから脱却した新しいFEVERみなと。最高だ。

まず、彼女は弟のようなかわいい後輩的存在であった。そして、優等生だった。

ゆえに、あてがわれる役もかわいらしい役や、いわゆる王子様のような役が多かったように思える。かわいい後輩的役を具体的に挙げるとすれば、『PHOENIX 宝塚!! —蘇る愛—』におけるリトル・チェリーという怪盗カナメール(凰稀かなめ)のかわいいお付き役や、『王妃の館 -Château de la Reine-』における戸川光男という桜井玲子(実咲凜音)のおっちょこちょいな部下役などがある。

 

f:id:Luna_Artemis:20190815205341j:plain
f:id:Luna_Artemis:20190815205359j:plain
もちろん、「ずんちゃん」の真骨頂であることには変わりない。かわいすぎる

 また、王子様的役を挙げるとすれば、『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』のエセックス伯ロバート・デヴルー役や、『王家に捧ぐ歌』のメレルカ役などがある。

f:id:Luna_Artemis:20190815205601j:plain
f:id:Luna_Artemis:20190815205550j:plain
どこまでもさわやかな王子だった。これも彼女の魅力の一つではある。

 

しかし、宙組公演『神々の土地』でゾバールを演じた桜木みなとはどうだろう。

ゾバールとしての桜木みなとは場面を追っていくごとに、段々と内にある沸々としたエネルギーを、魂の叫びを観客に投げつけているような気がした。強気であるのに、心の不安定さが見え隠れする。それがまた彼女の魅力を引き出している。

また、感情がむやみに暴発するのでなく、滲みでてきてしまうような演技に衝撃を受けた。セリフを発していない時の感情のうごめきの何たるや。

f:id:Luna_Artemis:20190816214741j:plain
f:id:Luna_Artemis:20190816215640j:plain
ゾバールはどこまでも強くて、弱い。

この時初めてわたしは、桜木みなとの中に渦巻くエネルギーを感じた。これほどまでに彼女の煮え切らぬエネルギーは魅力的であったか。

 

f:id:Luna_Artemis:20190816215435j:plain

彼女がゾバールを巧みに演じたからこそ、我々はゾバールに思いを馳せることができたのではないか。

そして、極めつけは『オーシャンズ11』のテリー・ベネディクト役だろう。彼女にとってこれまでにない大役となったが、この役でまた彼女は一歩前進しただろう。
その前進の仕方が実に興味深い。彼女は成長過程を、時にもがく過程すらも見せてくれるようになったように思える。その人間臭さに、魅力を感じる。おそらく、今まではそうではなかったからであろう。

f:id:Luna_Artemis:20190816222851j:plain

一皮むけた桜木みなとを堪能できる。

www.asahi.com

 

芹香斗亜も桜木みなとも陰のある色気を持つ、という点では同じである。が、決定的に違う点もある。

それは、芹香斗亜が全知全能であるかのような、常に相手に絶対零度を感じさせる色気である一方、桜木みなとは強さと弱さを併せ持ち、相手に渦巻く熱を感じさせる色気である、という点である。

f:id:Luna_Artemis:20190816224147j:plain
f:id:Luna_Artemis:20190816223811j:plain
それぞれに良さがある。

桜木みなとは色気の主張の強さの中に、脆さがある。まだまだ彼女は未完成なのだ。

まだまだこんなものじゃないんだ、自分は、と舞台で叫ぶ強い眼差しと、未だ脆い部分から生まれる微笑みが同居する桜木みなとは今しか見れないかもしれない。

 

桜木みなとは、蠢く何かを抱えている。

優等生であるがゆえにそれを爆発させることは、彼女にとってリスキーな選択肢かもしれないが、爆発した場合もこれまた一興、ということなのではないか。

芹香斗亜の危険な美について考察

芹香斗亜はどちらかと言えば陰の人だろう。今にも消えそうな、妖しい光を持つ人。

光が当たっているのに闇が見える人。

f:id:Luna_Artemis:20190806172847j:plain

寒色が似合う人。センターで寒色が似合うスターは貴重。

enbu.co.jp

 

ゾクリとするような美しさだ。

陰のある人はなぜこうも我々を魅了するのか。

それは、危ういオーラは一定数の女性を恐ろしく虜にするものだからだ。

危ういものは刹那的だ。非恒久的なものは、時に恒久的なものよりも人を寄せ付ける。ゆえに、彼女とい続ければ地獄行きだろうな、と思っていても惹かれてしまう。

一緒に地獄に行かせてください、と相手に言わせるのが芹香斗亜である。

f:id:Luna_Artemis:20190806172902j:plain

黒背景に赤いバラは大正解。芹香斗亜の視線の方向がまた良い。

 

kageki.hankyu.co.jp

最近で言うと、特に「オーシャンズ11」期間の彼女は遺憾なく自身の魅力をその役柄を通して発揮していた。

f:id:Luna_Artemis:20190806212921j:plain

フィナーレで芹香斗亜の色気、凄まじい…。やはり寒色が似合う。

kageki.hankyu.co.jp

 

身長はあるが、線は細い。ゆえに非現実的で、中性的な身体。なのに奔放で、舞台で強烈な色気を放ちながらも自由に動き回り、掴みどころがなく、フラっとしている。正直、何を考えているかわからない。が、全ての物事が彼の術中である気がしてしょうがない。だから、遥羽らら演じるポーラは彼に心配させられると同時に、彼に夢中にさせられている。

ここまでが芹香斗亜自身の魅力でもあるのだ。

余裕があって、どこか危険な香り。そこに惹かれてしまう。

特に宙組に異動してから、彼女の陰のある色気が顕著に見られる。ここにきて、彼女自身が自身の魅力を再理解し、操れるようになったのかもしれない。

f:id:Luna_Artemis:20190806212628j:plain

全人類がポーラと化してしまいそう。

kageki.hankyu.co.jp

危なげない綱渡りの色気は、芹香斗亜の男役に対する最適解になりつつある。この最適解にたどり着くまでに様々な苦労があっただろうが、それすらも彼女の色気の前では見えないような気がする(見せないようにしているのかもしれないが)。あたかも「最初から私はこの状態でしたよ」と言わんばかりの余裕の色気を持つ今の彼女に称賛を送りたい。

f:id:Luna_Artemis:20190806212909j:plain

芹香斗亜、恐るべし。

enbu.co.jp

kageki.hankyu.co.jp

宝塚歌劇団雪組トップ、望海風斗の美を刮目せよ  ~FNSに五体投地オタクより~

題名の通りである。

無駄な前置きはやめにして、ヅカ沼を目撃した人、ヅカ沼に片足を踏み入れた人、ヅカ沼で既に溺死している人…この世のすべてのFNS視聴者に向けて雪組トップ望海風斗の魅力について解説していこう。あくまでも彼女の美しさに着眼点を置いているので、詳しいデータは公式サイトとwikiを記事の最後にはっておくのでそちらを参照していただきたい。(丸投げで非常に申し訳ない)


望海風斗(のぞみ ふうと)

 

f:id:Luna_Artemis:20190729144640j:plain

右の彫刻美の彼女が望海風斗様。超ド級のSの表情を浮かべているが本当は…

 

歌が抜群に上手く、次席入団のエリート。それでいて彫刻美。どの角度からも美しいのが彼女だ。彼女はトップ男役であり、現雪組において絶対的センターである。が、決してカラッとした西欧の太陽の明るさでなく、どちらかと言えばドロっとした、南欧の灼熱の太陽の色気を孕んだ輝きを放つ人だと私は考える。雪組において唯一無二のまとわりつくような色気。(それは彼女の組替えに由来するものだが、ここでは彼女の生い立ちは省略。)

それがよく表れているのが、彼女の「瞳」だと思う。
論より証拠。以下の画像を見ていただきたい。

kageki.hankyu.co.jp

f:id:Luna_Artemis:20190729150051j:plain

彼女主演の公演ポスター。この瞳のギラつき様。

f:id:Luna_Artemis:20190729150045j:plain

妖艶。それ以外の何物でもない。

基本的に彼女の瞳はギラついている。トップになって自分がピラミッドの頂点であるにも関わらず、それでもまだ何かを追い求めているかのような瞳だ。彼女が肌を見せない方がかえって色気がある、というのもその瞳に基づくからなのだ。

 

f:id:Luna_Artemis:20190729150157j:plain

トップになってからの彼女にチャイナ服を着せた人に金一封。

 

望海風斗写真集「Voyage」(DVD付) | 宝塚クリエイティブアーツ公式ショッピングサイト|TCAオンラインショップ

(Voyage(望海風斗の公式写真集)は一家に一冊。バケモノクオリティとなっているので、ぜひ買いましょう)

 

彼女は陰のある役が似合いすぎてしまう。ゆえに、見ているこちらが辛くなるような彼女が見られる舞台が多い。

headlines.yahoo.co.jp

しかし、彼女が苦しみ、あがく際の色気はまたギラついた色気とは違う魅力をもつ。それは刹那的であり、あなたの奥底に眠る加虐心を呼び起こす。

相手を殺さんばかりの色気と相手に殺されんばかりの色気。この二つを巧みに操る望海風斗の凄さ。

f:id:Luna_Artemis:20190729160831j:plain

FNSのエリザベートの場面では相手を殺さんばかりの色気。

 

f:id:Luna_Artemis:20190729163623j:plain

『ファントム』では優しくて正直で、それ故に身を滅ぼしてしまう人。殺されんばかりの色気。

spice.eplus.jp

 

f:id:Luna_Artemis:20190729164843j:plain

ひかりふる路』では悲劇の革命家、ロベスピエールが憑依していた。殺されんばかりの色気。

雪組公演 『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』『SUPER VOYAGER!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

f:id:Luna_Artemis:20190729164739p:plain

望海風斗、沼すぎる…。

 

最後に動く彼女とプロフィールなどをここぞとばかりにはっておく。

この記事が望海風斗に、雪組に、そして宝塚に興味を持ってもらえるような、一つの導入口になっていたら幸いだ。


雪組公演『壬生義士伝』『Music Revolution!』初日舞台映像(ロング)

ja.m.wikipedia.org